ロッテ新時代~佐々木朗希応援Blog

令和の怪物と称された佐々木朗希。そんな彼を心から応援したい思い、ブログを開設。ロッテのエースを目指してがんばれ!

8/15雨の中、5回2失点も勝ち付かず。

佐々木朗希投手が後半戦初登板に臨みました。

かなり雨が強く振り、ゲーム開始は約20分遅れでスタートしました。

初回から156キロを連発し(MAX157キロ)、解説者は何度も、球が走っていること、力強いボールがいってることを伝えていました。5回を3安打2失点でゲームを作り、5回裏逆転いてくれたので、勝利投手の権利が生じましたが、リリーフ陣が逆転を許し、本拠地初勝利は5度目の登板もお預けとなり残念‥。

途中、打球を右足に当てヒヤリ。

一度ベンチに戻って治療し、また出てきたときはホッ!

これが無かったら6回か7回まで投げていたのでしょうか。

f:id:Ji-ji2021:20210816214017j:plain

 

今日の投球をじぃじなりに分析してみましょう。

【Jiの目】

数値だけでなく、体感的にも球は走っていた。

アウトサイドいっぱいの素晴らしいまっすぐがあった。(156kmで三振)

落ちのいいフォークや切れのいいスライダーが垣間見られた。

まっすぐで空振りが取れていない。江川のように空振りが取れて来て本物である。

△3回からはやはり球速が3.4キロほど落ちる。初回から飛ばしていたので仕方ない。

変化球でカウントが取れない場面が多くみられ、まっすぐで取りに行くと狙われて打たれる。

 

ここで、本日解説した里崎氏(元ロッテ正捕手)の佐々木朗希に対するコメントを紹介しましょう。

いいものを持っているのは間違いない。ただ、周りがスピードを意識しすぎて可哀そう。スピードガンの表示と肌感とは違いがあって、ガン表示が大したこと無くても力強いと感じる球があったり、ガン表示が出ていても、たしたことない球がある。朗希のまっすぎは速いが、空振りを奪えるまでにはきていない。また、変化球の制球力をもっとあげると、ピッチングはもっと楽になる。」 とのこと。

 

それでは動画で見てください。(パTVさん、いつもありがとうございますm(__)m)

フォームはほんと美しい。

まっすぐの球筋も綺麗ですね。

 

これからは中6日で ‥

えっ!? また登録抹消? そんなぁ‥

 

次の投球はいつなの? 誰か教えてください<(_ _)>